Just another WordPress site

設立方法

チェックリストによる一般社団法人の設立方法

一般社団法人を設立したいけども自分ではできない又は手続きの仕方が分からないという方はいらっしゃると思います。自分で行ったとしても時間や労力が物凄く掛かってしまいます。まして知識等が無かった場合は事前に調べてから手続きを行うとすると最悪の場合何年にもなってしまう可能性も否定はできません。こういった場合、自分で行わずにかつ簡潔に済ませられることは出来ないのでしょうか。

今では一般社団法人を設立する際に定款証明書と印鑑証明書が揃っていれば設立は可能です。ですがそれらの書類を集めるのに時間が掛かることやその証明書等を受け取り行く手間などに時間が掛かります。さらにそれらの書類を法務局に持っていき承認を得るまでの期間が長いことや自分で行うことによりミスが生じてしまい、最悪の場合ミスが生じてしまっていることに気づかない可能性やミスが原因で連絡を何度も取ることになり結局設立が長引いてしまうなどと、正直言って自分で手続きを行うことには、あまりお薦めできません。

特に初めての人は自分で手続きを行うことにはお薦めしません。そういったときに便利なのが税理士事務所になります。ここでは一般社団法人設立に必要な事を自分の代わりに行ってくれます。また税理士事務所の人たちはプロの方たちなのでミスもありませんし何より一般社団法人の設立方法を熟知しているためスムーズに進み、こちらも安心することができます。

ですがこちらも全く何もしないということではありません。税理士からの内容の確認などの電話が何度か来る可能性もあるので、すぐに対応できるようにしておくと、さらにスムーズに進みます。税理士事務所の代行の仕方としては、チェックリストというものを使用して申請を進めていきます。これは設立に必要な情報を記入するシートとなっており、これに設立依頼者は事前に記入しておきます。そして記入したら税理士に渡します。後は税理士の方で申請を進めてくれるシステムとなっています。この申請を進めている間、内容の確認等で一度くらいは税理士の方から連絡等が入る可能性もあるので注意してください。

最後に一般社団法人の手続きを自分で行う場合は、何度も連絡を取ったり又は申請に必要な書類等を集めることになるため手間や労力など非常にかかるため結果的に設立の時期が延びてしまいます。最悪の場合、何年もかかってしまうことも否定できません。ですが税理士事務所のほうで依頼をすればチェックリスト一つで全てが済みます。さらにプロに行ってもらうためスムーズに進みますし安心できるところが魅力的です。