Just another WordPress site

届出について

一般社団法人の設立と届出について

一般社団法人は何らかの活動を行っている団体が法人化するために用いる選択肢の一つとして知られていますが、法務局に届出を行い設立を行うことが出来た場合には、一般社団法人設立後に必要となる様々な手続きを行わなくてはなりません。例えば税務署や都道府県税事務所、市区町村の役場や社会保険事務所に対しても一般社団法人の設立を行ったという内容を伝えるための届出を行わなくてはならないのです。

さらには資金管理のための銀行口座の開設なども重要な作業の一つになると言えます。この様な手続きは法務局で一般社団法人の設立が許可されてから概ね1~2週間で法務局で各種証明書類の入手が可能になります。そのため手続きが可能になるタイミングを見計らって各種の手続きを行う様にするのがよいでしょう。

どのような団体でも行うことになるのが銀行口座の開設です。一般社団法人を設立する前は法人口座を作れない状態であるため、法人の銀行口座を準備する必要があるでしょう。この様な手続きには登記事項証明書と代表者の本人確認書類、そして銀行員の届出が必要になります。この他にも印鑑証明が必要になる場合もありますので予め口座を作ろうとする銀行に必要書類について聞いておくのがよいでしょう。

他にも業務上何らかの許認可を取る必要があるのであれば可能な限り早めに手続きを行うべきです。どのような許認可を申請するかによって準備する書類や内容が変わってきますので、予め下調べをして準備をしておくのがよいでしょう。

そして税務署関係の届出も存在しています。これは非常に重要な内容になりますのでよくわからないということがあれば専門家に相談すべきでしょう。税務署は主たる事務所の所在地を管轄する税務署で問題ありません。ここでは法人設立の届の他、青色申告の承認申請書、給与支払い事務所開設届け、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書、収益事業開始届等が主な必要書類であると言えます。

これらは事業を行うに当たって支払うべき税金の処理を行うために必要なことなのです。同じように都道府県の県税事務所にも対応しておくべきでしょう。税金にも色々ありますが、県税と市町村役場への届出については法人設立の届を行うのが一般的です。以上の様に実に様々な届出が必要となる仕組みになっていますが、これらについて遅滞なく届け出を行っておくことがとても重要になってきますので注意しておくべきでしょう。